不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
English
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
不妊の原因(西洋医学)
 不妊症と一口に言っても、その原因はいろいろあります。ここでは、西洋医学から診た不妊の8大原因について検証してみましょう。
1.子宮が原因による不妊
 子宮筋腫は、子宮体部の筋層にできる良性の腫瘍のことで、筋腫の大きさや、出来ている場所によっては、不妊の原因になっていることがあります。
 子宮が先天的に、形態異常を起こしている場合があり、重度の場合は、妊娠に支障が起きますので、手術が必要な場合もあります。
 子宮内膜症、子宮の内側にある内膜が、何かの原因により内側以外の場所にて、増殖してしまう病気で、不妊だけでなく、生理痛や、腰痛の原因にもなっています。
 以上の原因により、子宮に異常がある場合、子宮の内腔に受精卵が着床しにくい状態になってしまいます。
2.頸管の異常が原因による不妊
 頸管の異常として問題になっているのが、頸管粘液の減少です。頸管粘液の働きは、子宮内に雑菌などが入らないように、内部を安定させています。粘液の分泌が少ないと、精子が子宮を通過して、卵管まで安定した状態で、たどり着けないため、受精しにくくなってしまいます。
ページトップへ
3.卵管の障害が原因による不妊
 卵管の先天的な形態異常や、感染症などにより炎症を引き起こし、卵管が詰まったり、細くなってしまっている場合。
ページトップへ
4.卵巣の障害が原因による不妊
 そのほとんどは、卵巣の機能が衰えてしまい、排卵障害を引き起こしている場合。
ページトップへ
5.感染症が原因による不妊
 最近問題になっているのが「クラミジア感染症」と言い、感染した細菌により子宮頸管や、卵管に炎症を引き起こしている場合。
ページトップへ
6.高プロラクチン血症による不妊
 プロラクチンは、脳下垂体から分泌されるホルモンですが、このホルモンが過剰に分泌され、月経や、排卵が起こらなくなってしまうことが原因による場合。
ページトップへ
6.高プロラクチン血症による不妊
 不妊の原因が女性の側にのみあるとは、限りません。男性側が原因による不妊も、最近ではけっして、少なくありません。 その原因を大別すると、精子を造る機能に障害がある場合と、精神的要因があり夫婦関係に支障が起きている場合とがあります。
ページトップへ
8.その他原因不明の不妊
 すべての検査においても、特別な原因がみつからないのに、妊娠できない場合。
ページトップへ
 以上が不妊症の8大原因ですが、ご自分の現在の状態を、詳しく知るためには、専門医の診察が必要かと思われます。的確な診断を受けた後に、東洋医学と平行した、治療を行えれば更に望ましい結果を、得られる事でしょう。
ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針
不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂