不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂
TAKUMIDOU ACUPUNCTURE CLINIC
English
たくみ堂の不妊治療
ごあいさつ
不妊の原因(東洋医学)
不妊の原因(西洋医学)
不妊を考える
母体づくり
たくみ堂の不妊治療法
たくみ堂の治療の特徴
妊娠、出産レポート
健康情報
スタッフ紹介&募集
気まぐれ日記(ブログ)
ご案内・お問合せ
受診ご希望の方へ
Links
Yahoo!
母体づくり
母体づくりは、お腹づくり。

 なかなか妊娠できない方のお腹はどの様なお腹なのでしょうか、貴女も疑問に思った事があるでしょう。瘀血(おけつ)が多く硬いお腹、冷たいお腹、突っ張っているお腹、軟らか過ぎてちからの全然ないお腹などの人です。

この様なお腹をたくみ堂の鍼治療で改善してみましょう。では安心して妊娠、出産できる理想的なお腹とは、暖かくて適度な弾力性がありその中にエネルギー(新たな生命を生み出す力)を感じさせるお腹です。

  赤ちゃんにとって居心地が良いお腹、環境作りです。

貴女はご自分の身体との対話ができていますか?

 妊娠という結果だけを追いかけ過ぎて、ほんとうに必要なことを見失っていませんか? 「赤ちゃんが欲しい」と、貴女が感じ、そして何かしようと、決意して行動を起こすそのエネルギーを大切にしましょう。赤ちゃんを無事出産するまで挫けることなく、そのエネルギーを持続しましょう。

 今、貴女の身体は真に、何を求めていますか?身体の声を聞いてみましょう。そして、肩の力を抜いて、貴女自身の身体に優しくしてあげることも、時には必要でしょう。

ページトップへ
身体の内なる声とは…

 高度生殖医療を受けてもなかなか結果がでない貴女は今、疑問に思っていませんか。病院の先生も貴女に妊娠して欲しいと頑張ってくれていることでしょう。それなのに結果が出せないあなた自身の身体に嫌気がさしていませんか?

  では貴女自身の身体に優しくしてあげる事とはいったいどんな事なのでしょう。これから申しあげることをよくご理解いただきたいと思います。

  妊娠しにくいお身体とは、もちろん母体作りが整っていないという事はあなた自身も気がついている事でしょう。
  では母体作りができていないままで病院で薬や、注射などの治療を続けることは、最初はそれもいいでしょう。しかし結果がでないからといって延々と薬を身体に入れ続けることは疑問ではありませんか。なぜならば身体は薬に頼ろうとして本来の自然な妊娠力を発揮しなくなります。妊娠するには妊娠力を強めなければいけないのに逆効果の事になってししまっているのです。ではどうしたらいいのでしょう。

  まず、身体本来に備わっている自然治癒力(自然な妊娠力。)を高める事、そして生命力を強める事が必要でしょう。 それから病院での治療を行なえばいいでしょう。あるいは、自然な妊娠力が高まればもちろん自然妊娠の可能性も生まれるでしょう。
  元気な赤ちゃんを授かるには、それなりの準備期間も必要なのです。

ページトップへ
卵の質を上げる問題について、体外受精を成功させる為にも考えてみましょう。


  体外受精及び顕微授精の際、卵の質(卵のグレード)についての事が、度々問題視されます。貴女もドクターや培養士さんより説明を受けた事があると思います。受精や、分割が上手くいかない、移植しても着床にまで至らないなどの時に「今回は卵の質が悪かったので結果がだせませんでしたね。」と言われた事があると思います。無事着床にまで至る受精卵のグレードはG1、G2までがほとんどでG3以下では難しいとされているようです。

  長期間不妊治療を続けていると段々と、薬に対する反応も鈍くなり、卵胞ができるまで時間がかかる、やっとできても数が少ない、採卵しても卵胞の中に卵子がない空胞状態、変性卵、未成熟卵、多精子受精、分割停止、移植の際、凍結卵を解凍したら崩れてしまった等々いろいろな事が起きますが、もし卵の質をあげる事ができれば、これらの問題はかなり防げるかも知れません。

  この卵の質の問題、貴女は、「何とかならないかしら。」と思い悩んだことがあるでしょう。しかし今の西洋医学では的確に卵の質を上げるという画期的な方法はみつかっていないようです。では東洋医学ではどうでしょう。

  卵の質を悪くしているのは、何が原因なのかを考えてみなければ解決への道は見つかりません。卵巣の働きが悪くなり、卵子の質が下がってしまった事の原因を考えてみましょう。いくつか問題点はあるでしょうが。

  まず最初に考えられる、卵胞液の問題について考えてみましょう。卵胞の中の卵子は卵胞液に包まれた状態で成熟していきます。その卵胞液が濁り、劣化していたら当然、質の良い卵子は育たないでしょう。ではこの卵胞液が何故濁ってしまうのでしょうか、それを防ぐ事ができれば卵の質はかなり上がるのではないでしょうか。その他にも原因はいろいろありますが一つずつ考えてみましょう。

  卵の質を上げる事は体外受精や顕微授精だけではなく人工授精や自然妊娠を希望されている方にも大切な問題です。

ページトップへ

 時間の経過と共に序々に卵の質は低下していったと思われます。中には年齢が低いにも関わらず体質的に卵の質の悪い方も見られます。

  では、年齢とともに卵の質が低下するならば、年齢と共に身体の何処が変わってしまったのでしょうか。それが判ればかなり前進できるでしょう。そして貴女は今は早急に卵の質を上げたいと思っている事でしょう。

  体液そのものの濁りとして考えるならば、身体の中に老廃物がたまる。本来ならこの老廃物は速やかに排出されますが、身体の浄化作用が鈍っている方は出せずに滞っています。内臓の鈍化として、腎臓や肝臓などの解毒、濾過作用の弱りの問題が考えられます。この解決法の一つにごぼう汁半断食があります。

  その他に卵巣、子宮の位置がアンバランスになってしまう身体の歪みの問題。この解決法に両手ぶらぶら体操があります。それと腹式呼吸です。解決法はこの他にもありますがまずは健康情報をご参照ください。

ページトップへ
たくみ堂
(C)  2010 TAKUMIDOU  ACUPUNCTURE  CLINIC. All Rights Reserved.Illustrations by (C) 2007 TsugawaSatoko 著作権・当ページの内容すべての文書、写真等は、著作物です。他へ無断掲載、転載、販売等はお断りいたします。
個人情報保護方針
不妊治療専門・鍼灸 たくみ堂