こんにゃく温湿布法 (コロナウイルスに負けないように)

こんにゃくは昔から身体の「あくだし」とも言われてきました。その、こんにゃくで身体を温めながら、体調を整えて、老廃物(宿便)を出すこともできます。また、コリや痛みのある上にのせても症状が緩和されてきます。

材料:こんにゃく一丁、タオル2枚

方法:こんにゃくを鍋に入れ水から茹でて、沸騰してから更に10分程温める。熱いので注意してタオル2枚で二重に包み、お腹に乗せて温める。(下腹部、上腹部、おへその上)と、温めている患部が熱くなってきたら交互に位置を移動して温める。冷めるまで30分~40分できます。使い終わったらこんにゃくを、タッパに入れ、水に漬けて冷蔵庫で保存します。

こんにゃくは4~5回使うと薄く収縮して硬くなってきます。体調の悪い人ほど早く硬くなります。硬くなりましたら、こんにゃくは役目を終えましたので、こんにゃくに感謝の気持ちをもって「ありがとう」と言って廃棄してください。こんにゃくの下に「ビワの葉」を敷いて行えば「ビワの葉こんにゃく療法」として更に効果が上がります。更に慣れてきましたら右季肋部の肝臓部と、背中の腎臓部を温め、肝腎のお手当もできれば上級です。冷たいこんにゃくで左脇腹を10分ほど冷やし、終わってからタオルで軽く拭きます。「こんにゃく温湿布法」は身体のお手当法として継続することをお薦めいたします。

尚、使い捨てカイロではこのような効果はでませんからご注意ください。(参考文献:東城百合子先生:自然療法)

新型コロナウイルスに負けない身体作りとして大切な事は、全身に浄化された血液を巡らせる事です。血液浄化と巡りを良くするのには肝臓、腎臓、そして大切な肺の働きを強化しましょう。

先ほどの温めたこんにゃくノド、胸(肺)、背中の上部にのせて温める。日頃から肝、腎、そして肺の働きを、お手当して強化することが、コロナウイルスも負けない様な強い身体を作る事になります。予防が大切です。

 

 

記事をシェア